10月27日 六所山 奥下 大スラブ岩
少し早めに行ったのだが 古美山の駐車場はもう満車 路肩に停める事となった。
ダンス前に沢山のクライマー 碧稜のOさんが見本登りをしていた。
 何人かの登りを見たが まだまだ時間は掛かりそう、Oさんに聞くと知らないグループだが見本をと言うことのようだ。

リーチ前 スラバーユ前も若者たちが一杯だ。外岩数回目と言う人や 割りと初心者グループが多い様だ。
 僕も パンの耳 の抜けについて質問を受けてしまい 見本の嵌めに 解説しながら何とか登れ ホッ。。。。

新城のジム 109のメンバーがオーナーTMさんの引率で来ていた、外岩の経験の少ない人もいて リーチをトライしていた、やはりジムのトレーニングと若さで何度目かには登っていった。

明日は雨の予報なので皆来るかなと思ったが H本 I川 H田 AO諸氏 と 碧稜組み が揃っただけだが 先週の六所山 奥下 大スラブ岩へ行くことにした。
  丁度いた 名古屋のN川さん ピナクルのSさんも一緒に、、N川さんは転勤できて豊田は2回目だそうだ。
なんでもアメリカ勤務の時にクライミングを覚えたようで レッドリバーゴージュ(ケンタッキー)と言う所だそうだ。 ネットで見ると 珍しい砂岩のエリアのようだ。


 皆の目標は 先週)僕が帰った後で MYさんが初登したDクラス?のクラック左のラインでクラックを使わずに上がるという奴だ。  皆良い所まで行くのだが 抜けが悪く苦労していた AOさんは指皮をペロッと剥いてしまい本日終了してしまったし N川さんも左リップを何度も取るのだが後が続かず H田さんも同様だったが その後登れたのだろうか? 例によって僕は早帰りだった。

   IMGP8626.jpg        IMGP8635.jpg


 K師匠初登の「ポケモン」の左のラインを探るH田さん  「ポケモン 立ち」をトライするH本さん

  IMGP8643.jpg        IMGP8639.jpg


  左リップを取りながらも抜けで苦しむ N川さん          ポケットのライン C?

 僕はと言うと ポケットのラインとポケモン立ちをトライするが 此れもなかなか手ごわく中段で行き詰る、少々時間が要るかな。

 明日は雨の予報 どうも日曜日が悪いサイクルに入ってるね、残念なことだ、暫く会ってない人もいるし来週は良い天気であってほしいものだ。

 
 
スポンサーサイト
10月21日 六所山 奥下 大スラブ岩
 古美山に着くと 駐車場に大集団 10数名の男女若者たちがいてびっくり 聞くと奈良から来たと言う。
御手洗で登ってると言っていた。

 案内しながらスラバーユ前に行くと こちらもNW親子始め沢山のクライマーがいた。
昨日と大違い、活気がある。  


     IMGP8571.jpg IMGP8577.jpg

  やはり女子(じょし)が多いと賑やかだ。

今日はメンバーも揃い 早めに移動した、やはり六所山へ

 皆は大奥へ尾根道を行ったが、僕とH田さんは前回の下のスラブ岩が気になっていたので林道から向かう、K師匠とAOさんも一緒だ。

  IMGP8588a.jpg  IMGP8589.jpg
 
  左端のスラブを登る AOさん と H田さん 2登の僕が ドロップ B+ とかってに名付けた
 
 僕とH田さんはスラブ面の一番左をトライ  甘いカンテを上手に使い米粒に乗ってゆく課題だ。
H田さん初登でB+位かな ついで2登をさせてもらい サンキュー、 ブランクのあったAOさんがハマリ 3登をH本さんにゆづって4登となってしまった。
 そう 上に行っていたメンバーが合流したのだ。

 今日のメインはK師匠の「ポケモン」 師匠 早速シットでトライするが、なかなか良いムーブが見つからない。
取り敢えず 立ちでとH田さんがトライ GETし ポケットを上手く使うことから「ポケモン」とした。
  抜けは出来たので K師匠 あれこれ試行錯誤 ついにムーブ完成だ。
 その過程を見ていて とても参考になった、と言っても下の被りの部分は僕にはとても手が出ない。

  

  ムーブの修正がよく判り面白い動画になった
   なお 第二登のMYさんは 右外を使わずダイレクトに上のフレークを取ったが力が要りそうだ。

 MYさんが 沖縄に行ってASさんと一緒に登って楽しかった様だ 帰りが台風で飛行機が揺れ怖かったらしい。
おみやげの「ちんすこう」 を美味しく頂いた。
 ASさんも懐かしいな その内一ヶ月くらいこちらへ来るそうで楽しみだ。 
  

 
10月20日 大楠 岩の殿堂 
 素晴らしい天気の中を 古美山へ向かう もう寒いくらいだ。

だが 今日はとっても静か 碧稜のOさん 浜松労山の2人組み と 僕 この4人しかいない。

 途中 新城のジムのオーナーさんがちらりと見に来ただけ でホント静かだった。


 久しぶりに ノミパッチンをトライ エ!エ! ムーブを忘れてる 得意な課題だったはずなのに  あれこれ試す内に 思い出し 丁度きた H本さんの前で 無事登れた ホッ。。。。

 やがてH田さんが来て5人で 大楠岩の殿堂へ 

       IMGP8562.jpg  

       H本さんが掃除した アルパインチックな課題 AかもBかも かな 
 
     IMGP8565.jpg          IMGP8568.jpg

 手長猿の左の 簡単そうに見えるが とっても手強い 垂壁 何時来ても悩ましい岩だ。
左に乗り込むC課題は今日もお預け、苦手パターンだなー。


  
 明日は皆も揃い 賑わうかなー???
10月14日 今日も六所山大奥
 今日の古美山は結構な賑わい、この所 ジムで修行しそろそろ外へ と言う 若者グループが多い、
初めてでもAや楽なBは登ってしまう、

     IMGP8547.jpg
  8名もの大集団、活気があって良い 全員スラバーユは登れめでたし

徐々に秋も深まり 夏の間休んでいた仲間も登場、AOさん S田さん、それと4週ぶりのK師匠がやって来た。
日の落ちるのも早くなってきているので 早めに移動することにした。

 ここlで 僕は一難を触ってないことに気が付き 一人残りトライ 最初でリップを叩くところまで行ったので
マア今日の所は満足、、、急ぎ皆を追う 丁度H田さんが来たので一緒に行った。

 奥岩の下のスラブを触ってから行こうと二人で林道経由で向かった、既にS6さんが掃除をしてくれていたので早々に取り付く、右からフレークのある所、ポケットが有る所、クラックの所が取り付きやすそうだ。
 結局 フレークとクラックは登れたがポケットは時間がかかりそうで後日にした。
   IMGP8550.jpg   IMGP8552.jpg
 
   クラックの所のH田さん      こんな大岩だ

大奥に移動  もう皆思い々に取り付いていた 

     IMGP8556.jpg   IMGP8557.jpg

  早々にハングに座り込むK師匠  D+位を初登したようだ    賑わいの頂上岩


 僕は昨日に続き頂上岩正面直登Cをトライ 一手進めたが先へ進めづ無念

今日から一ヶ月あまり妻が娘のところへ行ったので 母とZIZIの面倒を見るため早く帰ったのだがきっと新しい課題が作られたのだろう。
10月13日 六所山大奥
 空気も乾き 気温も下がり 青空のもと 快適にR301を飛ばし古美山へ、

若者5人組みと入れ替わりにスラバーユへ行くと Oさん Sコーチ Nさわさんがいた。
 セブンロックへ行くというので ついていった、ここでのUPは初めてだ。

大スラブ岩とへそ岩でUP 相性が良いのかN沢さんもA課題をサクサクと登り調子が良い。


 スラバーユに戻り お昼をしながら皆を待つが なかなか集まらない、
        がポツポツとH田、H本、S6、M原 諸氏がやってきた。

 やはり 六所山へ N沢さんの宿題のレイバックを片付けるべく 大奥へ。


CIMG1957.jpg CIMG1958.jpg

頂上岩の正面直上 CのH本さん     今日も頑張るN沢さん もう一歩だ

 H田さんとM原さんは左のハング岩で新課題を設定していたが ここは被りがありシットスタートが難しいので
僕は頂上岩を中心に復習やら NEW課題設定をしたが 正面のたち込みの難しいC課題のスタートが出来るようになっただけで たいした成果は得られなかった。

マア 明日がんばろう

10月10日 西蔵バリエーション
  西蔵バリ
 
夏の間 休んでいた「水曜登山」を再開 お散步登山はしていたが 3時間を超えるのは久しぶりだ。

コースは 西蔵バリエーション 自宅からノーマルルートで登り途中から120M降下 南尾根を登るコースだ。
 
 蜘蛛の巣と倒木と間伐の放置 の三重苦 とても時間が掛かるし 疲れるしおまけに南尾根は急登ときている。

とっても疲れた 時間も予定の4時間を一時間オーバーの5時間も掛かってしまった。

DSC04280.jpg
  あまり空気は乾いてなく 遠望もかすみ気味だった。
 
10月7日 六所山 奥エリア & 大奥エリア
 夕べ予期せぬ雨があったが 朝は爽やかに晴れ渡っていて もう道も乾いている。
久しぶりの良い状態で登れそうだ。 部落の道役を終え 古美山へ。

 今日も幾組かのクライマーが来ていて マアマアの賑わい。新しいジムも増え 初心者も増えてきている。嬉しいことだ。

 一難をトライしているグループがいたので10ヶ月ぶりに触ってみたが、体が忘れていて良いところなし、もう少し涼しくなったら 一から出直そう。

 今日は K師匠 H本さん はお休み H中さんは恵那と寂しくなるか??と思われたが 若手参戦で賑やかくなり
昨日同様六所山へ  N浜 MY氏 K君 Fもとさんは奥エリアでプロジェクトを  僕 H田さん Mはらさん Oさん Fさん と 若手数名は大奥エリアへと、  昨日来たメンバーは宿題があるのだ。

 僕は二つ抱えていたが 上の岩のB+のスラブは上れたが もう一つは登れずお預けとなった。初登のH田さんはAかもBかも というが Cはある感じだ。

 疲れ果て 奥岩へ戻り合流 プロジェクトの一つが登れたようだ。 「お神輿 E」でMYさん初登 Fもとさん2登 で いまから3登すべくN浜女子がトライするので 動画を撮れと言う。
 一服する間もなく撮影する 何度目かに登れたが 動画の頭が切れてしまい編集で誤魔化すしかないか?



  お神輿 E 初段は 豊田の岩場 六所山NEWエリアの新課題だ。

 少し前からエキスパート達がトライしていたが今日 MY氏によりムーブ解決 初登された ついでFもとさんが2登。 動画はN浜女子の第3登 だ。
 
 CIMG1942.jpg  CIMG1943.jpg

 大奥頂上岩の N沢  S谷 両氏
CIMG1941.jpg
  ダンスを見上げると 木の葉もわずかに色づいているような
10月6日 六所山 大奥エリア
 なかなかスカッとした秋空にはならないが マアマアの天気の中今日もイソイソ 古美山へ。

11時ころ行くと 碧稜のOさん と N沢さんが居るのみで静か、だが 暑くなく岩もマアマアの状態で久しぶりの
念入りのUPをした。  不調のパンカンも何とかなり やはり気温など状態が良いと身体も動き調子が良い。

 暫くすると 以前会った豊橋の若者、市内の4人組 等々 賑やかになった。

仲間達もボツボツ集まり 何処へゆこうかと相談をしていたら 少年と言って良い雰囲気の二人連れがやって来た。

稲沢のジムで4ヶ月修行し 「今日始めての外岩ナのです」 とのこと、
 この二人小柄だが細身でクライマー体型、ジムでしっかり練習も重ねているのか スラバーユも一手もサクット登ってしまった。 もうBグレードくらいは登れそうにも思える。
 聞くと 19と20だそうで クライミングのセンスもありそうで 楽しみな二人だ。

 CIMG1921.jpg  CIMG1924.jpg

  19歳    と   20歳    の二人組  


 丁度来たSコーチとOさんに後をお願いして 僕らは六所山 大奥エリアへ行くことになった。

今日は先週の岩の左下の岩をやった。何気ないスラブ面と垂壁の組み合わせだが 見た目より少々難しく
 AかもBかもを登るのに少々苦労してしまったが なんとか一本はものに出来 H田さんお薦めのもう一つもめどを付け明日に期待を繋げた。 

 CIMG1928.jpg
 45度位の被りで 僕にはきつい課題になりそう   あすスタート出来るように練習しよう


CIMG1934.jpg  CIMG1938.jpg

 今日登った AかもBかも       H田さんお薦めの B位の課題 同じ場所から別ムーブで別ラインを引く
プロフィール

kenzizi

Author:kenzizi
山登りとクライミングが趣味です。
クライミングは2006年から始めました。もう9年もたつがまだ初心者の域だネ。
最近はボルダリングにはまっている、
 禁煙嵐の吹き荒む中 パイプ喫煙続行中 道具は美しく無いといけないと言いながら 不細工な自作セピオライト(メシャム)パイプで楽しんでいる。バージニアが好き、偶にラタキアも。

☆ 豊田の岩場(仮) [オフィシャルブログ]が開設されました リンクを張っておきます。☆

最近の記事
最近のコメント
カウント
月別アーカイブ
hsd
xxxn
ブログ内検索
リンク
カウンター