9月29日 六所山 奥の奥 NEWロック
 台風が近づいて うす曇りのなか いそいそと古美山へ

駐車場には幾台かの車がいたが クライマーはN沢さんが居るだけ 聞くとさっきまで若者達がいて7ロックの方へ行ったようだ。  Oさんは台風前に稲刈りとかで 今日は無念のお休みらしい。


 F岡さんが来て 久しぶりにダンスやるというので ダンス前に引越し。 久しぶりだが 難無く登れホットする。
       CIMG1915.jpg
         N沢さんもダンスをトライ 
 

やがて H田さん H本さん S6さんが来て人数もそろっい 電話で親方の希望もあり 六所山 奥の奥 へゆくことになった。

 S6さんの案内で 入り口岩から10分ほど歩き 奥のハングへ そこから左の尾根を5分ほど歩き到着、尾根上

に四つほどの岩があり 少し下に 10ほどあるそうだ。

 今日は 写真の岩をやり B & BかもCかも & C と6課題くらいが作られた。僕も3本登れまずまずの成果だ。

      CIMG1916.jpg

  今日やった岩 面白いムーブが要求され なかなか良い岩だった。

  CIMG1918.jpg  CIMG1917.jpg

 N沢さんに レイバックの手ほどきをする S6氏     ムーブの面白いBかもCかもの N浜さん

 
3時過ぎにM原さん登場 案内なしで 探し当てるとは 嗅覚が鋭い?のか?感がよいのか????

 明日は 台風で登れそうも無いので 遅くまでがんばって 皆 疲れ果て暗い中をかえった。

スポンサーサイト
9月22日 六所山
素晴らしい秋空を期待していたが 前線が上がってきたのか? 朝から曇り空がっかりしながらも
古美山へ 湿度は高いが気温は低く先週までとは違い 過ごしやすい。

 相変わらずクライマーは少ないが 名古屋のジムの若者たち4名ほどとO山君が奥さん子供連れで来ていた。

 Oさん、H田、H本 Sコーチ S6 久ぶりのN美君 とそろったので 六所山へ。
やがて 親方 H中 さんも合流だ。

久ぶりのN美君 体幹トレーニングとかで 調子が良いらしい、行きがけの駄賃で下の岩のD課題を第4登、

頂上の岩の「したきり雀」の3登を サクット登り ますます強くなっている。

 親方がプロジェクトの垂壁に スタートの難しいC課題「ひとり虫 我虫?」 を登り この岩もやっと課題が出来たが 右のPは今日も登れずお預けとなった。

追記 ひとり虫 は 「蛾虫」 だそうな!!!


CIMG1907.jpg  CIMG1910.jpg

 下の岩のD~Eを登るN美くん      「したきり雀」のN美くん


明日は 雨の予報  ダメかな?!
9月16日  体験会 と 六所山NewRock
 今日は体験会があり 何時もゆっくり来るメンバーも 11時ころには集まった。
義理堅い人が多く さすが良きクライマーたちだ。

 S6さん引率で 20名もの小学生達が来た が 思っていたより皆小さい低学年の生徒達だった。
も少し大きい子を予想していたので 「入門ロック」は無理、コントラバスの岩でボルダリング 嵐の岩のサイドで
ロープをやることになった。

 CIMG1896.jpg CIMG1894.jpg
  ボルダリングの部        お母さんも頑張る

CIMG1898.jpg  CIMG1900.jpg

 人数が多いので ロープも2本     スメアは効いているのだが

3時前にお開き  S6さん 皆さん ご苦労様。僕はカメラマンと言って サボっていてごめんなさい。

 
 六所山NewRockへ移動 今日は入り口岩へ 「宿題を、、、」と寄り道だ。 N浜さんが左のD課題を第3登と調子が良い。僕は真ん中のC課題を 前回と同じく右に乗り込めず またまたお預けだ。

 最奥の岩に移動 先行していた H田さんが掃除をしていてくれ 新しいラインが引けた。
早々にトライ AとAかもBかも4本ほど登れた。

 エキスパートたちはハングのPをトライ K師匠が初登を決め 「舌切り雀 E」とし 皆もトライ
2登を H中さんが決めたが 今日は此れまでだった。

 CIMG1902.jpg CIMG1905.jpg

 これはA 左に C 左に Bと続く      舌切り雀 奥から出てきて甘い右上のフレークへ繋ぐ


 
9月15日 一日古美山 入門ロック
 もう中場 なのに蒸し暑いが 元気に古美山へ
メンバーはあまり集まらず いつもの面々 久しぶりにSN田くんが来たが相棒のFもとさんは仕事の疲れか姿を見せなかった。 

 O見さんのお弟子さんのN沢さん 今日は新品のマットを持って登場、さっそく O見さんのまえでスラバーユを再登
綺麗に登り 嬉しそう 師匠のO見さんもとっても嬉しそうだった。
 N沢さん 次の「一手」も登り 快調だ、何かコツを掴んだ様だ。



 N沢さんの スラバーユ

 明日のクライミング体験会もあるので 予定の「入門ロック」へこれはWフレークの前の岩だ。
 H本さんが 再命名したようだ。

右から A,B,B,Aとあるが 此れも結構 ほねだ。N沢さんが両端のAを登り またまt嬉しそう。

DSC04270.jpg
 「入門ロック」の N沢さん と SN田くん


 だが この「入門ロック」 子供たちの体験用としては どうだろう? 疑問だ。ガバも無いし 身体のサイズも違うし???

 3時半頃 雷がなり 一瞬 ぱらついたが 直ぐ止み チー前に移動し チーの前の2段岩の 「思い出 A」を
皆でトライ これが 怖い課題で 今まで手を付けてなかったが H本さんにけしかけられトライ 長身を活かし ほぼ一撃で登れ ラッキー その後 H田さんに チーを教えて貰ったが 手を返すところが妙に怖く登れなかった。何年か前 落ちたトラウマが残ってるようだ???



 チー  実に綺麗な登りのH田さん


 少し早めにお開きになった。あすの体験会は 小学生が20名位来るそうで 上手く行くと良いな!!! 
9月9日 六所山NEWエリア奥
 
 今日の古美山は関西のグループ、TCSの若者たちで久しぶりの賑わいだ。
女性もいて華やかだ。 岩場はこうでなくちゃ!!

 CIMG1863.jpg  CIMG1865.jpg
 外岩2度めというがスラブに挑戦     途中 六所神社の前の素敵なお堂の脇を走る

CIMG1866.jpg
  六所神社とみごとな大杉


 先週に続き 六所山NEWエリアへ大人数で移動 少し遅れて行くと 誰もいない?? どうやらS6さんの案内で
奥の岩に行ったらしい。   
 話に聞いていただけなので場所は判らない??  電話で聞くと だいぶ奥のほうらしい 半信半疑で歩いて行くとS6さんが迎えに来てくれた。 やっとたどり着いてホットする。

 頂上にルーフ状?の岩 その下に高めの上が被っている垂壁の岩 もひとつ下が 狭い棚がある岩 ETC

棚の岩が手頃そうなので早々に取り付く、A、B、Cと5本ほど登れた。Cは少々甘めかな?

CIMG1877.jpg   

 小さな左縦ホールドを使い 右足に乗り込んでゆく ムーブのある好課題 Bだ



エキスパート達は 高い垂壁をやっていたが 抜けが超悪く今日の所はお預けのようだ。


 さて 頂上のルーフ岩?は K師匠がやっていたが 奥から出てくるのは段クラスになりそうで 今日はムーブを組み立て プロジェクトになった が 立ちで上がる D と 側面にやはり Dを登り 「瘤取り爺 1 同 2」
とした。 皆もトライしたが 極小米粒に乗りきれず 今日は H中さんがGETしたのみとなった。

 CIMG1880.jpg
 頂上のルーフ岩?   難しそうだ

  陽が落ちるのも早くなり 薄暗く成る中を帰った。 
9月8日 一日古美山
 朝 かなり強い通り雨が降り 今日は ダメか? 

NETのウエザーリポート で いろいろ調べる この辺りも豊田も12時~15時頃降る予報だ。

 だが 雨雲の通り道が 豊田市街の南をかすめ 北西に流れていて 午後も変わらない様だ。

上手くゆけば 古美山周辺は 降らなかったろうし 昼からも降らなくて済みそうな感じだ。


 大急ぎで お弁当を作り 出発。

着くと もう 碧稜のFさん Oさん と Sコーチが来ていた。全く降った様子もない、読みはバッりりだ。

 おしゃべりしながら いろんな課題を登り 皆の来るのを待つ が 誰も現れず 結局一日この4名のみだった
  
涼しい風も吹き 汗もかかず コンディションは良いが 気勢も上がらず 4時過ぎにお開きになった。

明日は 天気も良いようで 賑やかになるだろうネ。

CIMG1860.jpg
  もう秋  古美山脇の田圃も 稲刈りが 済んでいた。
  
 
9月2日 六所山
今日の古美山は 3組みほどの若者も居て 多少の賑わいだ。
何時も通りUP 今日は何となく身体がドロンとしているが 登りはマアマア。

 来るべくメンバーは揃ったが K師匠が来ない、N浜さんに電話してもらうと 今日はお休みの様だ??
何となく元気無さそうな感じだった と言うので 少々心配だ。

 六所山エリアへ移動、僕は昨日T巣さんが登った C課題をトライ 中段まで行くがその先が、、、結構難しい。

エキスパート達は 左端のアンダースタートの課題とその右の課題をトライ どちらもDくらいの課題だ。
MYさんが左端のアンダースタートの課題をGET D難度の様だ。 その右は皆でトライ 中段から足がなくなり難しいようだ。結局MYさんが初登 2登 Fもとさんが登ったが 今日はそれまでだった。これはシットスタートのPもありこれがまた難しい様だ。

 上の岩に移動 左端にA その右にB課題がS6さんとH本さんにより作られ Aは一撃 Bは3激?で登れ何とか成果をだせて一安心だった。

 CIMG1834.jpg  CIMG1844.jpg
 今日トライしたC課題 エキスパートたちは一撃でのぼる   左から2番目MYさん初登のD 格好良い課題だ シットPもある

CIMG1851.jpg  CIMG1854.jpg  
 上の岩 左端のAと次のBをGET みぎの方は被っている H田さんがCを作った。 もう一つ上の岩 難しそうだが実は Bだった様だ 難しいラインもあるが 後日に回った。

 CIMG1857.jpg
 親方設定のB スタートが微妙で難しいが 何とかしたい


 途中雷も聞こえ心配したが 降ることもなく一日楽しめた。

帰り道 千万町迄来ると 突然の豪雨 杣坂を降りると 全く濡れてもいない 全く夏らしい天気だ。
 
9月1日 六所山NewRock
 今日も古美山は静か  F岡さん Sコーチ Oさんのお弟子さん がいるだけだ。
お弟子さん 先ほどスラバーユを登り嬉しそう、見られず残念だった。 結構長かったので本人もホッとしているようだった。
  やがて 久しぶりのT巣さんとKさんが来たっきり もう誰も来ないだろうと 大田へパックマンへ移動、遅れて行くと誰もいない?? ハーフドームで合流出来た。パックマンの岩にスズメバチがいて危険でこちらにしたようだ。

 CIMG1822.jpg
 ハーフドーム脇のAをトライする お弟子さん


 お弁当をしていると 親方からTEL S6さんが六所山NewRockへ案内してくれるべく大田の駐車場でまってるよ!!
駐車場に行くと S6氏 親方 N浜嬢 H本さん M原さん が待っていて 結構賑やかになった。

山道を結構とばすS6さんを追いかけて六所山へ 3つほどの良さ気な岩がありランディングも良い。
 早々に取り付いたが なかなか手ごわくあれこれムーブを考える内に 雷がゴロゴロ 雨もポツポツ で撤収だ。
  結局 Aが一本 T巣さんがCをゲットしたのみに終わった。
 
CIMG1827.jpg  CIMG1828.jpg
 
こんな感じの岩が3個 上の岩はもう少し高い     C位を登る T巣さん

CIMG1833.jpg

 広い駐車場もあり 安心だ

プロフィール

kenzizi

Author:kenzizi
山登りとクライミングが趣味です。
クライミングは2006年から始めました。もう11年もたつがまだ初心者の域だネ。
最近はボルダリングにはまっている、
 禁煙嵐の吹き荒む中 パイプ喫煙続行中 道具は美しく無いといけないと言いながら 不細工な自作セピオライト(メシャム)パイプで楽しんでいる。バージニアが好き、偶にラタキアも。

☆ 豊田の岩場(仮) [オフィシャルブログ]が開設されました リンクを張っておきます。☆

最近の記事
最近のコメント
カウント
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
カウンター