大楠 対面 祠エリア上方 10月最終日
IMGP5252.jpg IMGP5254.jpg IMGP5260.jpg
 久しぶりに今年の2月に開拓したエリアへいった、
前回の宿題も在ったが 少し被っていて 腰に来るので 今日はさらりと舐める程度にし スラブを楽しんだ。2枚目の写真が「手のひらスラブ」手でホールドを保持せず 足だけで登る。
 3本ほどのラインがあるが いずれもA課題だ。
 暗くなるまで登り、帰りはヘッ電を頼りに長い坂を下りた。

スポンサーサイト
今日はアダムス
 朝いろんな用事を済ませ 古美山につくと もうお昼だった。
結構な賑わいを見せていた。シーズンなのか ロープ課題をする人も幾組か来ていた。

 K師匠の案でアダムスエリアに久しぶりに行った。
ハング好きはアナコンダへ、僕は本調子で無いので その上の垂壁へこの岩はA~Cの課題が横一に並んでいて楽しい、アップや調子の悪い時の回復に丁度良い。

 最初一人で一番左のB課題?をトライ 抜けまで順調に行くのだが 最後の一歩が踏み出せない、
行けば登れるだろうが 足が抜け落ちる恐怖で踏み出せない、腰が痛いので飛び降りるのはいやだから クライムダウンで降りた。

 したのアナコンダへ行ってみると 何と 若手SY君がアナコンダを一撃したと言う、SY君古美山の
文明開化も今日GETし絶好調だ。昨日のN君といい恐るべし若者組だ。

上の垂壁へ戻ると皆が来ていた、一番左をリトライ、今度は何とか上がる、誰かいると心強いのか
登れる、チキンである。
 やがて親方、N女史、MOさんと、僕 リハビリ中のメンバーが揃ってしまいこの岩はリハビリ岩と名づけられてしまった。

 本調子で無いので今日は早めにあがった。
IMGP5243.jpg IMGP5246.jpg IMGP5240.jpg
 写真はリハビリ岩 最後のはアナコンダだ

      
おむすび岩(仮称)
 先週は休んだので久しぶりのクライミングだ。実は軽いギックリ腰だったのだ。

今日は恐る恐る 登ったのだが 登る分には差し支えないが、飛び降りる時とか落ちた時は 少し腰が痛む、マア気をつけて登ってみた。

 曇り空なのでか、古美山は静かだったが 7名ほどのメンバーが集まり 大楠林道 雷クラックの上のデッドクリフの岩の左上おむすび岩(仮称)に行った、H本さんが新しい課題ーDーを設定したと言う。
 今日は若手N君と豊田のジムのX君の参戦もあり幾人かはデッドクリフをやったようだが 今日は誰も登れなかったようだ。
 H田さんがおむすび岩(仮称)の左上の岩にA-Bの課題を設定したので 僕はそちらに参戦、A-Bは直ぐ登れ カンテの左側に面白そうなラインがあったので二人でトライなかなか良いムーブが見出せなかったがH田さんが登った、僕も良いところまで行くのだがなかなか登れない、そのうちに皆がやってきてセッションとなった。人数が多いと知恵も出る、良いムーブガ見つかり 僕もやっと登れた。
やさしめのCグレードかな?(オクトーバーステップ(仮称))
 おむすび岩(仮称)に移動 H本さんの設定課題をトライ、夕刻に若手N君が登り強さを見せた。
ベテラン組は登れず 無念。
 僕としてはオクトーバーステップが登れたので大満足だ。

動画はオクトーバーステップ 

写真はデッドクリフのスタート と H本さん設定のD課題だ
IMGP5235.jpg IMGP5234.jpg


 
 
  
11日、日曜日
 今日も良い天気 絶好の登り日和だ。
3連休で皆 遠征をしているのか 今日はあまり賑やかではなかったが、それでも遠来の車が
何台かいて 其れなりの賑わいの古美山だ。
 稲刈りの合間を見て Oさんがきたので ダンスをやった。 昨日に続き サクサクゆけ一安心。
 
メンバーも揃ったので これまた久しぶりの大田 双子岩へいった。
 ここは大田でも一番奥のエリアで 皆うろ覚え 行ってみたら 俊トラの奥 思い出岩の下のほうだった。 遅れてきたH中さんも少々変な方向から来たし F本さんは途中TELがあったものの とうとうたどり着けず 気失せて 帰ってしまった。 直ぐ近くまで来ていたのに残念だ。

 結局双子岩の下方のハングの岩で 登った。ここらの岩は 一なめしかしていないので 新しい課題も作られ 簡単そうに見えるのだが 途中バランスを取るのに「辛抱」を強いられるC課題をS谷さんが物にし 「おしん」と命名された。そのた 既存課題のシットバージョンなども作られ 皆大いに楽しんだ。 僕はと言うと 一番右端のA課題 のみで実りはなかった。左の岩の立ち込みの難しいC課題は上のアンダーを取るところで足が抜け とうとう 宿題になってしまった。
 次の動作に移るところで バランスを崩してしまうのがいけないようだ。

 写真2の左端が 宿題C課題のカサブランカ 開拓時に誰かが 足ブラになったのが名前の由来だそうだ 右はDのトラバース 3は「おしん」Cグレードだ

 DSC03738.jpg DSC03737.jpg DSC03740.jpg
      
台風一過   だが?
 台風が通り過ぎ 最高の天気 気温も下がり空気も乾いているクライミング日和だ。
が 古美山につくとI川 Tス Nワ さんの3名がいるだけで とても寂しい様子だった。
皆 台風の後始末か???? 
 やがて 千種のKさんが来たので 皆でダンスをした。Tスさんは5年ぶりとか、しかし実力者そつ無く登る。

 昼からはI川 Tス 僕 と三人で大田 槍エリア バックトーざフューチャーに移動、やはり人数が少ないと遠くには行きたくない。
 その後誰も来なく寂しい日となった。
バックトウーザフューチャーBは皆サクサク、同Ⅱのほうは かなり難しく 僕はスタートの立ち込みが出来ただけ、細かいフットホールドになかなか乗れない 絶妙のバランスが必要だ。

 DSC03735.jpg DSC03733.jpg DSC03734.jpg


 
舳岩
 素晴らしい秋の天気で 早めに古美山に行きたかったのだが 今日は村の道役だ。
頑張るが10時までは上がれない、終わり次第車を飛ばし11時過ぎに到着、、今日は車がいっぱい
止める所も無く已む無く路肩駐車だ。
 幾組もの若いグループがいて ぼつぼつ シーズンINを思わせた。
早々にUPを済ませ 今日は「スタンドUPショー」Cをやってみた久しぶりに登れ満足。

 昼からは これまた久しぶりの 大楠 舳岩 ここは山道30分の行程 もう汗をかかず歩ける季節になった。
 舳岩の看板課題はハングを豪快に登るA課題ガバをガバガバ登る この課題登るより降りるほうが難しい位だ。  宿題Bがあり それをトライこれは前回来た時しつこくやったのだがダメだったのだ。
 今日こそはとトライするが  最初はなかなか中段のフレークに立ち込めない。みんなののぼりを見ながら暫し休憩 次はうそのように難しい左縦フレークも取れ 無事完登。
 昨日に続き宿題の課題を片付けることがでよい日となった。
IMGP5216.jpg IMGP5221.jpg IMGP5222.jpg
 写真は看板A課題と宿題B課題だ。



 
秋晴れの大給
 昨日の大雨も上がり10時ころには晴れ上がり 素晴らしい天気 昼ころなら登れるようになるだろう

 昼ころ古美山につくと もうOさん、K師匠、Sコーチ、と S山君がいた。
もう どの岩も充分乾いていた。 早々UPし Oさんとダンスをトライ、今日は上のほうのホールドの持ち方を変えてみた、すこし甘めだが体の振りで解決、上手くいったので気をよくして8ビートに挑戦、中段でモタモタするうちに右腕がパンプ、ずり落ちた 無念。

 先週に続き大給へ移動 今日は旧エリアだ。半年ほど前 改めて掃除したトポのCの岩に新しい課題が設定されて皆でトライした。 僕は登れてない一番左のB課題ハイヒールをやった。
 最初は高い右に乗り込めなかったが、I川さんの登りが参考になり、やっと登れヤレヤレ、大した被りでは無いのだが どうも被りだと構えてしまい 成功率が悪い。
 しかし この半年の一応の進歩が見られ一安心だった。
エキスパートたちはシットスタートのD課題を作り挑戦 何人かが登った。
 親方が左の岩に変態課題を設定、カブのシート位の面積しか無いところにマントルを返す課題で
登ったK師匠の弁「これはF本君向けの前足系課題だ!」とのこと。
 是非F本さんに登って欲しいものだ。
もう陽が落ちるのが早くなり6時前に終わりにした。
 今日は中秋の名月 眺めながらかえった。
DSC03722.jpg DSC03725.jpg DSC03726.jpg
 写真は久しぶりのご対面のダイアモンドスラブ 寒くなったら挑戦だ、2はエキスパートのやってた1級課題、最後のはハイヒールB課題だ。


         
プロフィール

kenzizi

Author:kenzizi
山登りとクライミングが趣味です。
クライミングは2006年から始めました。もう11年もたつがまだ初心者の域だネ。
最近はボルダリングにはまっている、
 禁煙嵐の吹き荒む中 パイプ喫煙続行中 道具は美しく無いといけないと言いながら 不細工な自作セピオライト(メシャム)パイプで楽しんでいる。バージニアが好き、偶にラタキアも。

☆ 豊田の岩場(仮) [オフィシャルブログ]が開設されました リンクを張っておきます。☆

最近の記事
最近のコメント
カウント
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
カウンター