湿度 1000%
 とっても蒸し暑いが 登れそうなので今日も古美山へ 予報では3時過ぎに 雨のようだ。
マアマアのフリクションで UP、 新人のN君が ルートを始めたので 皆でダンスを登る、N君は
もう登れるようになっていた。まだ4~5回目なのに 力に任せグイグイのぼる、若いって良いな。

 昨日の雨に懲り 今日は避難が早く出来る 道端エリアに行く、 皆それぞれ宿題があるらしく
前回来た時と同じタマゴ岩のしたの岩に行った。
 ビビリながらもスラブのB課題をこなし 一服していたら マタマタ昼ねになってしまった。
寝起きは 何かぼんやりして動く気がしない、、、、、が意を決しみんなのやっているB課題に挑戦。
 ほぼ全員が難なくこなすスタートが出来ない??  繰り返す内に出来るようになったが 次は右足が上がらず2手目が出せない??? トホホ 何時ものパターンか?と思われたが。
 しつこくトライし 何とか 最終トライで 登れた スタートをこなしたら 後はうそのように 途中の難関も越え トップアウト まるで 奇跡だ。
 気分の良いところで 今日は終了。  結局雨は 降らなかった。
写真は 今日やった B課題だ。
 DSC03683.jpg DSC03684.jpg DSC03685.jpg DSC03686.jpg

     
      
    
 
スポンサーサイト
遠い雷鳴
 天候不順で あまり乗り気がしないが 登れそうなので???
一応古美山にゆく、、12時過ぎにつくと駐車場で K師匠 H本さん SOさんが駄弁っていた。
ほかには T須さんとお友達が、H井君、知らないカップリがいるだけだ。

 湿っているが 結構強い南風が吹いているので 涼しそうな モモチャンエリア最上部に行くことにした。 蒸し暑いアプローチをこなし到着、風が強く涼しい。
 今日は先週やった右方の岩のひとつ手前の岩を H本さんが掃除をしたのでトライした、この岩は6年ほど以前 Mさんがいくつかの課題を作ったのだが 最近はほとんど登られていない。
 AとB課題を ほぼ一撃で片付けたが 高さがあるので緊張する。

 K師匠が先週の消失課題のある岩の プロジェクトの左上課題をトライしているので皆で行った。
僕もB課題を片付けるべく参戦しようとしていると、、、かすかに「ゴロゴロ」、、「雷」???
 雨がポツポツ来た。 
K師匠は出来なかった中間をやっとつなげ後半に移るところ、、、、、ここで一挙にザザザと大粒のあめ、、、「そのまま頑張れ」の声もむなしく 次の甘いホールドがもう濡れて手がすべる。
 無念 またまた宿題となった。

 いよいよ雨脚は強くなり 大急ぎで撤収 車についたときは  全身もうびしょ濡れじょうたいだった。後から参戦したT須さん一行は岩を触ることもなく終わってしまった。
 それにしても あまりに急な土砂降りだった。
     
昼からの雨予報 だが
 朝のうちは曇り なので 昼までは登れる!! で 今日も古美山へ
行くともうI川さんASさんが 登っていた が 相変わらず シケシケ だがUP課題は難なくこなす。
 不思議に スラバーユの立ち込みがスット気持ちよくできた。
碧稜のF岡さんがやってきて 「ダンスをやろう」 という。状態は最悪だがF岡さんはサクサク、僕は中段で悪いところをもってしまい 手が抜けテンション、悪い日は慎重に効くところを選んで登らねばいけない。

 やがてK師匠はじめメンバーも揃い 雨も予想されるので近場の 大楠道端エリアに行くことにした。 杉林の方は 少し風もあり あまり良くないがマアマアの」状態だ。
 IMGP4975.jpg IMGP4978.jpg

写真の岩 タマゴ岩のすぐ下の岩 をやった。A~Dまでの課題があり楽しめる。
 前線が上がったり下がったり なのか 乾いた風が吹いたか!と思うと湿った空気に包まれると言う 変な天気だった 
 僕は何故か 休んでいたら 昼寝となってしまい一時間ほど熟睡状態だった??
予報の雨もなく5時ころまで登れたが、空が暗くなったので 終わりにした。
昨夜の大雨も
 朝には止んでいた。 アメダスの豊田のデータを見ると11時ころ時間7MMの激しい振りだったようだ。
  昼からなら登れるかな??と思い やはり 古美山へ。。。。。。。。

12時ころ着いたが、久しぶりのI川さんがいるだけ 「濡れててのぼれないよ」!!!!
 丁度K藤さんもきて 3人でリーチロックの前で お弁当をしてしばらく駄弁っていた。
K藤さんが帰り、やがて若手SSさん、H中さんがやってきた。
 岩も スラバーユはかろうじて登れそうになってきた。せっかくなので スラバーユ パンカン 一手 と 何時ものUP課題をやった。滑りそうになりながらも 何とかのぼる。

 若手SSさんが文明開化のホールドをチョークで叩き乾かしている、ではと 僕も一難をメンテ 
はたいても 何時ものようになかなか乾いてくれない、、、、湿度が異常に高い。
 でも 何とかし トライ SSさんは厳しいなか 一手を進めたようだ。
僕はと言うと 何時もどおり 左リップを取るところで剥がされる。そんな中を H中さんは一難をサクサクと登る、うらやましい。
 4時までいたが 結局岩は乾かず、明日を期して 引き上げた。
 IMGP4972.jpg semi.jpg
IMGP4974.jpg


写真はクライミングとは関係ないが パンロックの前で見つけた セミの穴、明日早朝出てくるのか
穴の中で待機しているセミの幼虫 大きいので 熊ゼミか アブラゼミ だろう。
 それと チョークで叩いた 一難さって だ
今日も涼しいモモチャン最上部
 この時期はやはり古美山はクライマーが少ない 少し遅く行くと碧稜のOさんと何人かがいるだけだ。
 UPしダンスをやる、昨日よりは滑ってなく登りやすかった、最近一緒に行動してる若者2人組のS君とWT君の初トライ、何も教えず登ったが2人とも眉毛を越え、上の右を被せるところまではパワーに物を言わせ登ってしまう、さすがにそこで力尽きたようだ。しかし初トライでそこまで、大したものだ。

 昼からは今日も涼しそうなモモチャン最上部へ行く、昨日より少し暑かったが尾根は風があり気持ちがよい、超久しぶりの 初期開拓者のS6さんも参戦しずっと右奥の岩をやった、A2本B一本を設定しこれは直ぐ登れたが、その後危なそうなフレークを取ってしまったので、せっかく登れたB課題が消失!!無念、少しパワーが必要になってしまった。上級者は問題ないがぎりぎりで登ってる僕は再登出来ず無念!!!
 エキスパートたちは同じスタートから左上する難しいラインをトライしていたが今日はお預けとなった。で次回もここになるのかな?? その時僕も再トライしよう。
IMGP4967.jpg IMGP4968.jpg IMGP4969.jpg
 写真は消失B課題だ。
              
 最後にその上の道沿いの岩のAかもBかもを登ってお終いにした。
梅雨の晴れ間
 予報が外れ 朝から日が射し 風も吹いている。
この時期にしては上りやすそうな感じだ。
 古美山に行くと 浜松のIさんSさんコンビが久ぶりに来ていた。遠くからだと 天気が悪そうだとリスクもあり ナカナカ足が向かないようだ。
碧稜のF岡さんが来たので 2ヶ月ぶりにダンスをやった。滑っているので慎重にムーブ毎に体重を掛ける方向を考えながらのぼる。上で少々もたついたが何とかあがる、やはりこの時期は難しい。

 昼からは 涼しそうなので先週いった「モモチャンランド」の最上部に行った。今日は右手の方の岩2つをやった。B C を中心に 10本あまりのラインが引かれたが 僕にはやはりBまでしか登れないが 何時は と思い Cもチャレンジ とても疲れた。

先週ほどではないが 予想通り風が通り 涼しかった。 
 DSC03663.jpg DSC03664.jpg DSC03671.jpg

         
         
モモチャンランド 最上部
 昨日とは大違い 10名以上のクラーマーが集まり モモチャンランドへ行く事になった。
湿気の高い谷筋を登ってく ジットリとして蒸し暑い 岩場に着いたが尾根に上がれば風がありそうで
皆 尾根まであがる。案の定 南風だが良い風があり涼しい。 で 尾根上にある大岩を登ることにした。この岩は随分以前登ったことがあるそうだ で何本かの課題は作られているようだが 記録は無いようだ。

 最終的に10本近くのラインが引かれ AからDまであり皆が楽しめてとても良い岩だった。
僕は南側のB2本、右側のAとBを登った、いずれもスタートが難しかったが何とかクリア、がしかし 
裏側のB課題 せっかく苦手なムーブのスタートを決めたのに 抜けが厳しい 久しぶりに ミシンを踏んでしまった。結局怖いので飛び降りてしまった、自信をもって乗り込んで行けば上がれただろうに
ほんとチキンだ アーア。

 でも 一日楽しんで登れ満足だった。
IMGP4960.jpg IMGP4963.jpg IMGP4964.jpg
 写真は涼しかった 尾根上の岩



不思議な一日
夕べの雨も止み、道ももう乾いてる。
少し風邪気味だが今日も元気に 古美山へ。
11時についたが 若者が2人いるだけだ 岩はもう乾いていて、登るのに差し支えない。
 何時ものメニューをこなしUPする。

12時になっても誰も来ない???
仕方ないので、苦手なムーブの練習をする。
1時になっても 誰も来ない??????????
お弁当をして パイプをふかし しばし 休憩 
 スラバーユ の完全立ち込みバージョンの練習をする。
2時になっても誰も来ない????????????
 スタンドアップショー の上部を練習、なかなか左足に 乗り込めない
背後から 「Iさん 一人でかわいそう」と声がする、H本さんがやっと来た。
もう若者は帰ってしまい 2人きりだ、仕方ないので 駄弁りながら ムーブの連取

4時になってS田さんがやってきた 結局今日は3人のみだった。
 
プロフィール

kenzizi

Author:kenzizi
山登りとクライミングが趣味です。
クライミングは2006年から始めました。もう9年もたつがまだ初心者の域だネ。
最近はボルダリングにはまっている、
 禁煙嵐の吹き荒む中 パイプ喫煙続行中 道具は美しく無いといけないと言いながら 不細工な自作セピオライト(メシャム)パイプで楽しんでいる。バージニアが好き、偶にラタキアも。

☆ 豊田の岩場(仮) [オフィシャルブログ]が開設されました リンクを張っておきます。☆

最近の記事
最近のコメント
カウント
月別アーカイブ
hsd
xxxn
ブログ内検索
リンク
カウンター