今日も霧山
 気温も低く登りやすい日だ、古美山に着くともう車はいっぱい、上のトイレ脇に半ば強引にとめた。
初めて古美山に来たという人に少し案内をしたり、いよいよシーズンインを感じさせる。
 昼からは昨日行った霧山の岩場にいった。
N山岳会のOBのKさんという方がいて岩場整備をしていた、何でも最初は3人で始めたのだが今は一人でのんびりやってるとか? 快く案内を頂き 昇らせてもらう事とする。
 ボルダーも少しは手がけているようだった。
昨日のエリアの手前の上に良さげな大岩がありそこで登った。
 DSC03008.jpg  DSC03010.jpg  DSC03012.jpg
 今日は2年ぶりと言う MYさんも来て、ASさんと超エキスパートが2人もそろい、難しそうな課題を設定し競いあっていた。が 真似できるわけも無く見るだけ、難しいことを実に簡単そうにやる。

 気を取り直し 写真3のB課題をトライ、3檄で上れた、途中右足が決まらず飛び降りよう?と思ったが我慢し体制を建て直し登った、被りの課題でレイバック様のムーブもあり苦手系の課題だったので
満足だ
 スラブ岩の左端に課題の可能性を感じトライ、手も足もでない、H田さんにやってもらいスタートの仕方は解かったのだが、僕には少々むつかしいようだ、でスポットに廻り皆にトライしてもらったが、なかなか初登がでない、ASさんとMYさんにやってもらいやっと初登がでた、不思議なものでそれからは次々と皆が登る、僕もスタートにトライするが今日はムーブが起こせなく宿題とした、面白そうな課題なのでいつか登りたい。

       
スポンサーサイト
霧山の岩場
 絶好のクライミング日和だ、が古美山の人では今少し?だったが昼頃にはメンバーも揃った。
それまでは UP と 一難 に取り付いた。
 一難の乗越しの上の木が素敵に燃えていてきれいだったのでそれを目指して頑張るが今日も
ダメだった。写真1がそれだ
DSC02995.jpg  DSC02996.jpg DSC03001.jpg
 写真2は28日の中日新聞の記事で、小山田大さんの恵那市笠置山の新ボルダーエリア開拓と
発表の記事だ。 良いエリアになりそうで楽しみだが、僕的には高難度課題より 中級の楽しめる課題が沢山あるほうがいいな。
 昼からは T須さんが見つけてきた 巴川の向こう側の霧山にあるエリアに行った、ここは大分前からルートのエリアとしてマイナーで開拓されていたようでピンが打ってある岩もあったが、ボルダーの課題はないようだ。中ほどと頂上付近に良い岩があり課題を設定してトライした。

DSC03002.jpg  DSC03003.jpg  DSC03005.jpg DSC03007.jpg



     

 H本さんがここをやってみたらと言う頂上岩の左端を掃除してトライ、思ったより難しい、僕なりにムーブを考えてやってみるが出来ないのでH田さんにやってもらったら、やはり僕の考えたムーブで昇った。考え方はあってる!!ので 休み休み何度もトライしていたら、ある時 スット出来た?? 
 さっきまでは何だったのか??ともあれ嬉しかった。
日の暮れるのが早い、山の中は5時には暗くなり、ヘッデンをつけて帰った。


段戸裏谷
 段戸裏谷はもう冬だった。SCが消防訓練と検査だったので、今日は臨時休業。
先日行きそびれた段戸裏谷へ行った、昨年の記憶があるので、かなり期待していった。
 が 遅すぎた。車を走らせるに従い木々の葉は少なくなって段戸湖ではすっかり葉っぱは落ちて
冬の趣きだった。
PICT0056.jpg  PICT0057.jpg  PICT0058.jpg PICT0061_20081126192019.jpg




 妻とZIZIと少し散歩をしてから日当たりの良い湖岸でカップラーメンとおにぎりの食事をした。
日がかげると寒い、早々に帰ることにした。
 下りて来ると木の葉も未だついていて、きれいなところも増えてきた。田峰以南の紅葉は未だ充分楽しめる。作手経由で山道ばかりを選んでのんびりかえった。
 今年最後の行楽かな?

PICT0079.jpg PICT0081.jpg PICT0083.jpgPICT0084.jpg



連休3日目
 朝起きると 未だ良い天気で昼過ぎまでなら昇れそうだった。
が しかし 土日頑張りすぎたのか、とっても疲れてる。
 あえて 今日はレストにした。
10時半頃はや4君からTELで今天下峰にいるよ とのこと
 一瞬心が動きかけたが、じっと我慢 一日家でじっとしていた。
大楠 ミミセン岩エリア
 今日もクライミングには絶好の日、古美山はクライマートハイカーで賑わっていた。
磐田のI田さんとS下さん+1が来ていて、僕のブログを発見したよという、見つかってしまったか、!!??

 一通りアップしてリーチ前でいっぷくしていると、皆が続々集まってきた、「日が短いから早く移動しよう」とK師匠の一声で早々に移動、やはり日当たりの良さそうな大楠のミミセン岩エリアだ。

 早々にミミセンAグレード に取り付く、大分以前に一度昇っ他のだがAグレードの割には難しく感じた、久しぶりなのでこの間の実力UPの確認をすべくトライ。やはり一歩目のバランスが悪く体が左に振られなかなか難しい、が 今日は3度目に登れ多少の進歩は感じられ よしよしダ。
 もうひとつ、バランス系のB課題もGET、出足好調だ。
DSC02967.jpg  DSC02968.jpg  
 写真1 クラックの右を登るミミセンA 2 はバランス立ち込みのB課題

風が出てきたので 下の岩に移動
DSC02972.jpg  DSC02973.jpg  DSC02976.jpg

 薄かぶりの岩の右端にお買い得のC課題があるというのでトライ写真3がそれだ、なんと少々マントルで苦労するも3檄で昇れ???? 確認するとやはりBグレードだった。
 このエリアは他にも丁度実力にあった課題が多くあり トライ数も多く 疲れ果ててしまった。
明日は雨の予報、レスト日になるのかな??

        



寒いので大給(おぎゅう)
 気温も下がり、空気も乾いてきて登るには良い季節になってきた
古美山ではひさしぶりに一難をトライ、これも久しぶりに左リップを取れて右カチが決まり岩のよさを
感じたが、右でリップを取るところではがされた、今シーズン中には昇りたいものだ。
 碧稜のF岡さんが来たのでダンスをやった。F岡さん左足を捻挫しているのに、痛いイタイと言いながらもサクットのぼる。僕はダンスと8ビートをやった、8ビートは右のカンテ押さえで無駄に力を使い中ほどではがされた、今しばらくの慣れが必要かな。

 昼からは 寒いので日当たりの良さそうな大給へいったが未だ木の葉が落ちてなくあまり日当たりは無かったが寒くもなく 丁度良いくらいだった。
 何故か今日の大給はあちこちで若いクライマーの歓声が聞こえとても賑やかだった
 Oの岩のスラブを4本ほど登ったが高いので緊張感もあり楽しめた。P岩の半熟をトライ、なかなかスタートできない、親方の「右足に乗り込むのではなく、一度手だけでぶら下がる気持ちで」のアドバイスでスタートできるようになった、目からうろこ だ、このパターンはほかにも使えそうで大きな収穫になりそうだ。
 最後に皆でダイヤモンドスラブにいった、若いグループが裏側のアキラとミテをやっていた。
ダイアモンドスラブを暗くなるまでトライしたが簡単に登れるはずも無く3歩踏み出すのがやっとだった。

  携帯のカメラが接写モードになっていて写真はすべてピンボケ 写真は無しだ。 



予報どおり雨
 朝目を覚ますとやはり雨、今日はレストか?とクライミングはお休み。

すばらくすると空が明るくなって来て、雨が止んだ。
ネットで豊田の雨模様を調べると6時頃3mm後は1mm位の降雨量、このまま止めば昼からなら
登れるかも!??
 古美山につくとザイル祭を終えた碧稜のF岡さん、Oさんが車の中でねていた、ASエキスパートとSコーチもきていたが、さすが今日の雨量では登れるところは、浜トラと縄文しかない、しばらく待機で
縄文へ」ゆき 皆でお茶をしながら、「石器」C、「縄文」E、のスタートだけをやってみる。
 縄文のスタートをASさんに教えてもらいトライ、一応体は浮いたけど2手目が出せなかった、
だが体も浮かないと思っていたが、浮いたので嬉しかった。
DSC02930.jpg DSC02931.jpg DSC02933.jpg DSC02935.jpg DSC02940.jpg





 止むはずの雨は相変わらず振り続け2時頃帰ることにした。
時間も早いので何時も気になっていた帰り道R301の「切山の大杉」を見て帰った。
 雑木の山があちこちきれいに 紅黄葉してきれいだった。
湿っぽい一日
 家を出て少し走ると雨がぱらついてきた。
1~2MM位なら、林の中なら充分登れるのでかまわず古美山に向かう。
 常連は解かっているようで、エキスパートの若者グループ、とH田さん、I川さん、T須さん 来るべく人は来る、昼過ぎに来たH本さん と 大楠のクレイジーエリアへゆく。ここはASエキスパートの有名課題「かりんとう」もあるが難しすぎてみるだけ、もう少し上の方の簡単な課題をやる。
 DSC02921.jpg  DSC02919.jpg DSC02926.jpg
 
 やがて N浜さん、親方、K師匠、H中さん も参戦し 賑やかになった。
写真1はCグレード スタートが出来なかったが、繰り返すうちにスタートできた、いつか登れるかも?
 2はマントル課題、何故か3度目に旨く手が返せ クリアーだ。
 3はスラブ5~6ほんの課題があるがどれを登ってもAグレードだが、スラブのAは緊張感もあり
楽しめる。
 5時近くなるともう暗くなる 足元に気をつけながら山を下りた。

明日は雨の予報で久しぶりの休養かな、小雨程度なら一応行ってみよう。


 
寒い一日
 古美山に行くともう何組ものグループが来ていて、賑やかだった。
3週ぶりに碧稜のOさんが来て、早々にダンスをやった、ダンスはもう慣れてきて不安無く登れるようになったので、今日は8ビートをトライ、まごつきながらも高度をあげ、核心の水平ガバを取る所まで行ったが手は届いたが、はがされてしまいアウト、カンテを押さえている右手がプルプルで力が入りすぎだ。 でもこれはそのうち登れそうな感じだ。
 H田さんが同じ会社の若い女性を連れてきていた、クライミングを始めて2ヶ月くらいで、今日が初の外岩だそうだ、ほっそりしたクライマー向きの体形で感もよく、スラバーユを3檄、なかなか適正があり先が楽しみだ。
 DSC02874.jpg  DSC02875.jpg DSC02870.jpg 
  
 やがてメンバーもそろい、昼からは栃本NEWエリアへいった、Dのクラックのスタートが出来ないので
繰り返し練習したが今日もお預けとなった、縦ホールドを取り高く足を上げ乗り込むいつもの苦手系で
こお言うのがサクッと出来るようにならないと、クライマーにはなれない。
 写真はDのクラック岩を登るK師匠 と 行く途中にあった見事な銀杏

 寒い日ではあったが、登ってれば暖かく、成果は少なかったが、沢山登った一日だった。
冷たい雨だが
 朝 目を覚ますと なんと雨が降っていた、昨夜の雰囲気では、今日は良い天気の
感じだったのに?!!
 お天気チャンネル で豊田方面の 現況をチェックすると、降り始めが6時頃、12時頃には止むようだ、それに雨量も1mm ほど、 これなら 登れるところは必ずある と思い出発する。

 10時頃、古美山に着くと、もうI川さん、ASさんがいた、ほかに富山NOの車が一台。
ほとんどの岩が登れる状態で、富山NOの人は「文明開化」に取り付いていた。
 スラバーユでアップしていると だんだん雨粒が大きくなってきて、岩がぬれてきた。
葉っぱが落ちて、濡れ易くなったようだ、常緑の樅の木なら良いかな?と樅の木フェースへ行くと
ここはばっちり、濡れていない上に気温も下がって良い状態だ。

DSC02859.jpg  DSC02860.jpg  DSC02865.jpg  DSC02863.jpg

  先々週同様ここに腰を落ち着け、「嵐」のスタートとトラバースの「お結びころり」を練習する。
前回全く手が出なかった嵐のスタートムーブも今日は3手まで伸ばせ、良い感触だ、もう少し粘れば
スタートできるカモ、、
 途中H田さんの参戦もあり4人で4時過ぎまで樅の木フェースで遊んだ。
 紅葉もだいぶ色づいてきて「見ごろ」かな?香嵐渓辺りもきっと良いだろう。
明日はマアマアの天気になりそうで楽しみだ。
紅葉狩 もみじがり
   DSC02844.jpg    DSC02848.jpg  

日差しも良く 気持ちの良い日になった。
庭の妻の作った壷のトカゲも気持ち良さそうだった。 ZIZIを連れて紅葉狩に行こうと言う事になり
鳳来寺にいった。
 有料道路が無料になり ラッキー も つかの間 駐車料金が要るようになりがっかり。
DSC02851.jpg DSC02855.jpg DSC02856.jpg DSC02858.jpg
 

 紅葉は部分的だがマア「見ごろ」か? 鷹打場まで散歩し 買ってきたおにぎりで お昼をし
帰った。10時にで2時に帰り 程よい 行楽となった 




久しぶりの神々エリア
 連休3日目   朝の内少しぱらついたので古美山の人出は今一だった。
何時も通りアップをするが、3レンチャンで指も腫れぼったく、体の切れも今一、疲れがたまってるのか
一難をトライするも、右カチが決まらず苦労する。 

 K師匠の来る日でもあるので、常連さんは何人かやってきた、AS、F川、H田、H中、OYとエキスパートばかりだ。 相談の末 神々エリアに行くことにした。今日は頂上まで行かず、途中の「スサノオ岩」と隣の岩で登る事にした。
 荷物を広げてると、K師匠の背中に スズメ蜂が頭突き、おかしいなと辺りを見ると、少し先の
地面の穴に蜂が出入りしている、危ないというわけで、少し離れた岩の裏側に移動したら、蜂も少し落ち着いた様子だ、どうも7~8mが危険ラインらしい。 早く気が着いて良かった!!!
 DSC02839.jpg DSC02841.jpg DSC02840.jpg 

 ここの岩は皆被っているしシットスタートが多いので苦手系ばかり、立ちスタートもサイドプルで大きく外れた足に乗り込むもので、これも大の苦手系だ。 
 で、、、一手省いてスタートし何とか一課題をこなすが正規スタートは出来ない。  が          マア 良い機会を与えられたと気を取り直し、しつこくトライしたら 何とかスタートできるようになって嬉しかった。 写真3がそれで 薄いフレークに手をかけ 大きく離れた左足でスタートするのだ。

 皆が厳しいシットスタートに挑戦していたが僕にはとても歯が立たず、自分でAのシットスタートを
作りトライ、これが意外とてこずったが、やっと登れやはりAグレードだった。

 頑張っている間に疲れも忘れ調子が出てきて今日も沢山登れて良い一日となった。 
 


 
今日はアダムス
 連休2日目だ 古美山はシーズンインで大賑わい、ひさしぶりで見る顔もあって、話も弾む。
皆、人気課題の、一難や文明をやっていた。僕も久しぶりに「一難」をトライ、何度目かにリップに手が届くが立ち上がれず、アウト、今日は一度だけにしておいた。

 碧稜のF岡さんが来て、「お忍び」にトップロープをかける。「お忍び」はダンスの岩にあるルートで5-11Dのグレードだ、ピンの数がわずか2本でこのグレードということはかなりの難しさだろう?
 案の定 5年ぶりのF岡さんも最初の核心を超えられない、僕もトライ やはり最初の核心でアウト、
どうもボルダーグレードでCくらいはあるようだ。 しばらく時間がかかりそう、、、、、、だが繰り返し
トライしていれば、いつかは登れるかも?????

 昼からは 大田のアダムスエリアへ行った。今日は大人数だ10人は越えていたかな?
親方が「待ってるぜベイビー」の岩の下のほうでハング岩(ダニエル君岩と)を見つけ、大掃除 マントル課題3っつとトラバース課題を設定、135度ほどのハングで結構厳しいが僕もトライした。
 何度かのトライで、マントルは出来た、B難度くらいかな? 調子に乗ってトラバースもトライ、
リップにヒールをフックすると随分楽になり、中ほどまではゆけまずまず。
 H田さん、ヒールフックなしでトライ、結構厳しく最後のマントルで力尽きる。
設定者の親方、渾身のトライでトラバース~マントルをこなし完登、Cグレードとした。
DSC02830.jpg  DSC02832.jpg  DSC02834.jpg
 


 その後一番下の岩「行き掛かりの駄賃岩」に移動して宿題のB課題をトライする、暗くなるまで頑張るが今日もお預けとなった。
もう11月 
 朝から晴れ上がり すばらしいクライミング日和だ。

なのに 10時頃古美山に行くが あまり人が来ていない、名古屋NOの車とI川さんが居るだけ、マア 
豊田は出が遅いから そのうち皆来るだろう??

 スラバーユで一通りUPを済ませた頃 はや4君がやって来た、今日はダンスを登るつもりのようだ。
はや4君、 新品ロープ(マムート エタニティ)でトップロープをかける。
 一本目は思い出しながらムーブのおさらい、2本目 良い調子で登ってく、難関の左ジャムを決め後は上がるだけ、ガシカシ 何故か次のムーブが出てこない で 敢え無くテンション もったいない。
 3度目 眉毛を過ぎ 左ジャムのところ、悪い癖で 足をあげすぎ、ビレイヤーの僕、これは今回もダメかなと思った。 がしかし ここからがすごい、右を出して正対のまま乗り込み ぐいぐいと力任せに
レイバック様に登り、中間部をクリアしてしまった、後はサクット上がり、初レッドポイント。
 ムーブはいまいち合理的ではなかったが、あの指力は驚きだ。 
DSC02823.jpg DSC02824.jpg DSC02825.jpg 

今日はK師匠もきて皆がそろい、ひさしぶりに大楠林道、雷クラック下左 へ行った。
 Aグレードだが 乗り込みの難しい課題がいくつかあり、最初に来た時はずいぶん苦労したが
今日やってみると、何とか出来この一年あまりの進歩?が判りうれしかった。
 その後写真のC課題に挑戦したが、一手目の乗り込みが難しく今日はお預け、マいつか登れる日も来るだろう!! 一手目のあの体勢がなかなか難しいのだ。

 4時過ぎにH中さんの参戦もあり、日没まで登った。

 
プロフィール

kenzizi

Author:kenzizi
山登りとクライミングが趣味です。
クライミングは2006年から始めました。もう11年もたつがまだ初心者の域だネ。
最近はボルダリングにはまっている、
 禁煙嵐の吹き荒む中 パイプ喫煙続行中 道具は美しく無いといけないと言いながら 不細工な自作セピオライト(メシャム)パイプで楽しんでいる。バージニアが好き、偶にラタキアも。

☆ 豊田の岩場(仮) [オフィシャルブログ]が開設されました リンクを張っておきます。☆

最近の記事
最近のコメント
カウント
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
カウンター