寒!冷!風!
Dsc00921.jpg Dsc00922.jpg Dsc00925.jpg Dsc00928.jpg

 天気予報どおりとても寒い一日だった、お日様は照ってるのだが昨日よりずっと寒かった。
それに昨日頑張りすぎたのか朝から疲れてる感じで体の動きが悪い、一難もリップまで届かず、すぐに止めた。
 皆が集まり、栃本のNEWエリアへ行ったが風が強く寒くて、なかなかモチが上がら無い。
今日は久ぶりにAさんとFさんも来て、さすがにエキスパート、難度の高い課題を何本か設定した。  が僕にはレベルが高すぎて手が出させそうも無い。
 前回やったCの課題を難度もトライしたが、今日はなぜか手が決まらず登れなかった。
寒すぎるのだろう、こんな日もあるものさ、5時のサイレンを聞きかえった。
最後の写真は入り口にある大岩5mくらいあるかな、今日Fさんがカンテと右面にラインを引いたようだ、Aさんは正面中央を狙ってるようだ、暖かい日にトライしてみよう。
 1.2.3はとても高いC課題のTさんの連続写真だ、
スポンサーサイト
にわか雪 強風
Dsc00914.jpg    Dsc00915.jpg

 今日は天気が不安定なようだ、行っても登れるだろうか と怪しみながら古美山に行く
着くとさすがに人が少ないが、岩は乾いて登れる。
 UPをし一難へマットを敷くと、大粒の雪が舞ってきた。やはりだめかでもUPだけでも登ったから良いか? とあきらめ ロードレーサーでやってきた碧稜のS森さんとだべってると同じく
F岡さんもやってきた。雪も短時間で止み日が射してきて、ダンスを久ぶりにやった。
 案の定後半でパンプ2テンであがる。後半のムーブが悪いな、、、体が岩から離れすぎているらしい。3人で一通り登るとまたもや激しい雪、風も強い、大急ぎで撤収。
 するとすぐ止んだ。 大田の濡れに強いエリアに移動、立ちこみの苦手な感じのBにトライ。
手の位置が低く、両手の間隔が狭い、これが苦手パターンだ、いつもてこずるのだ。
 何とか立ち込み左上に抜ける、志とは違うがマア良しとしよう。次に直上パターン、上のフレークを取り上がるだけなのだが、足を上げると手が利かなくなり微妙に難しい、何回もトライしたが今日はだめだった。この間もにわか雪が舞い、風がゴーとうなっていたが、今日の場所は風もあたらず、雪もあまり舞い込まず何とか登れた。
 写真は今日の課題とアルパインチックな大スラブ。
 
 
2008.02.23 20:35 | クライミング | comment[0] trackback[0] TOP↑
あまりにも寒い一日だった
Dsc00904.jpg Dsc00905.jpg Dsc00906.jpg Dsc00910.jpg

昨夜の雪もたいした事がなさそうなので、少し仕事をしてから遅めに出かけた。千万町から
県の野外研修センターへ抜ける650mの峠で積雪10cmくらいあり、車が登って行かない!!  チェーンを着た。301に出ると道路には雪はなく車がビュンビュン走っていた。
チェーンは1kmほど使っただけだった。
 古美山に着くと雪はまったくなく岩も乾いていたが、もうお昼、早々にNEWエリアに移動、
着くとすぐに暗くなり雪が舞ってきた。車を心配し何人か が帰ってしまったが、楽観派は居残り登る直に晴れ日が射してきた がとても寒い。
 昨日のC課題を再トライ、まったくムーブが起こせずダメ、何度かトライしていると体がなじんできたのかやっと登れた。フロックでなくて一安心。 僕がアルパインボルダリングと名づけた
課題を登る、写真の右のラインでガバの連続でサクサクと気持ちが良い。
写真は左のラインを上るK師匠、体の振りがバランスが悪くC難度らしいが下地が良くないので今日は止めた。 一つ目小僧の岩の離陸の難しいC課題をトライ今日は離陸でき次回は登ってやろう。日が長くなり5時のサイレンを聞きかえりについた。
今日もNEWエリア
Dsc00896.jpg Dsc00897.jpg Dsc00898.jpg Dsc00899.jpg

今日の古美山は静かだった、皆暖かな大給にでも行ってるのかな、おまけに常連さんも
4人きりで拍子抜けな気がした。こんなに良い天気なのに?????
 一難にトライ、今日も両リップをとる所までは行くのだが、不安定で次のムーブを起こす所で
体が剥がされた、この所ここで止まってるなー!! 後少しなのに。

 昼からはI川さんH田さんと3人でNEWエリアに行った。H田さんの車に乗り換え、林道の終点を超え4駆でさらに奥へ乗り入れ 岩まで1分の所まで行けた 
 写真2の課題をやった、前回身動きできなかった課題だったが、しつこくトライして上った。
写真の体制から正対に直し足を踏みかえるのだが そこが難しく あの体制から動けなかったのだ、今日は何故か上手くゆきトップアウトできた、嬉しかった。
 明日はK師匠も来るので賑やかになるかな、予報の雪が少ないとよいのだが。
2008.02.16 19:26 | クライミング | comment[0] trackback[0] TOP↑
ニューエリア 初日   08/02/11
Dsc00887.jpg Dsc00889.jpg Dsc00890.jpg Dsc00892.jpg

雪も解け古美山は関西からのエキスパートでにぎわっていた。いきなりフトッチョカエル(D)でアップするような実力者そろいであった。横目で見ながらやさしい課題でアップし一難去ってを久しぶりにトライ、何か右足の処理がおかしく、何時もとちがう???何度かトライして違和感は無くなったが、右手を取る所で剥がされた。
 後でTさんが右足を揃えようとせず左だけで立ちこんだ方が安定するよ!と言っていた。
そう、何時もはそうなのに何故か今日は右を揃えたい気がしたのだ、それで違和感があったのかな???
 昼からは先週見つけ土曜日にアプローチを探したNEWエリアへ行った。
車を街道に止め歩いて15分ほど残雪を踏んで行った。よさそうな岩の廻りの雑木を切り上を掃除し早々取りつく。まずはお勧めスラブで遊ぶ、5本ほど引けるがどれもAランク、限定でBかな写真1。次にその上の岩 真中に大きなクラックが斜めにあり抜けはそれをアンダーに使いリップの縦てフレークであがる、3度目くらいで登れた、K師匠はBだなとのこと写真3。
 その左に師匠がCを引いた、写真2 左クラックで立ちこみ右を大甘リップの結晶で耐え体を正対にして左リップを取るのだが、正対にじわっと直すところで身動きできず???上手な人は体重移動でスムーズに行くのだが???今日はお預けとなった、しばらく通いそうなので次回はものにしよう>夕刻写真4の岩をやるが僕は手が出なかった、一つ目小僧D課題が設定され師匠とH中さんが登った、ムーブがとても面白そうで次回トライしてみよう、と言うか一度試してみよう。
 新エリアも車とアプローチの問題がたいして無く皆を誘えそうで、しかも岩も良く良い課題が
作れそう なので期待できるようだ。
2008.02.11 20:09 | クライミング |   TOP↑
大雪 08/02/09
縄文 Dsc00876.jpg Dsc00881.jpg Dsc00882.jpg

昼頃までは登れるだろうと古美山へゆく、途中から雪が舞い始めた。せっかく来たのだから
せめて一本だけでもとスラバーユを登る、すでに濡れ始めている、次のスタンドアップで足が抜ける、もうだめだ濡れている。 縄文で声がするので行って見ると大阪のクライマーがトライ中、暫らくすると他がだめなので、皆続々と縄文へやってきた。今日の縄文は大賑わいだ。
 I 川さんが来たので、先週見つけたエリアへの車でのアプローチを捜しに行く。
地図で辺りをつけておいた林道(未舗装)へ入るとすぐ行けたが、この道では皆は入れない。
 がボロイ車やジムニーなら2台くらいはOKかな?
 逆方向からは??と雪の降る中をカッパをきて尾根を岩を見ながら栃本の部落まで歩いた。
そこからのアプローチも軽四くらいしか入れなくダメ、何かがっかりしてしまった。車のことを考えると先週の通学路の岩から15分ほど歩くことになりそうだ。
 2時間ほど歩き車に戻ると道はもう7cmほどの積雪、こんな山の中で車を落としたら大変だ、ゆっくり慎重に市道に戻るがすっかり雪道、チョースローで古美山に着くともう誰もいない。
 I 川さんと2台でソロソロと301へ出るが雪は積もったまま、これは岡崎ー足助線も渋滞しそうなのでI川さんと別れ、チェーンを履き301で帰ることにした。
根引峠はスリップして横を向いた車や溝にはまってる車が何台もいてこちらも渋滞、カーブでは対向車が突っ込んで来そうな気がしてひやひやした。
 途中竹が雪の重みで道路をふさいでいる所などあり、何時もの倍の時間をかけて戻った。
豊川に着くとまったく雪はなく、その違いに驚かされた。
 明日は晴れても登れそうも無いのでどうしようかな???
新エリア 08/02/02
Dsc00870.jpg Dsc00868.jpg Dsc00871.jpg Dsc00872.jpg 古美山は若いエキスパートで賑わっていた。ションベンハングが登られたのが影響してるのか、3段4段を登る人も何人か居た様だ。
 僕は何時ものようにスラバーユの岩でアップ、最近は抜けをホールドを使わずパーミングで抜けるようにしている、こうすると簡単な課題でもバランスを要求され良い練習になる。
 昼からはだいぶ前皆で掃除して、あまり登っていなかった通学路エリアの大スラブへ行った
もう一年半くらい前に行った所だが、下地に水路が出来てしまっていたので竹や木を敷いて
からマットを敷いた、クッションが良く安心して登れる。立ちこみの難しい課題2本をやっつけたので、満足だ。3時過ぎにTさんHさんと奥の方に岩を探しに行った。15分ほど上がった尾根で
程よい岩が密度濃くあって下地の良いエリアを見つけた。来週辺り皆を案内することになりそうだ。逆方向から車でアプローチ出来、歩いて5分ほどでつくので良いエリアになりそうだ。
明日は雨になるようで、久ぶりの休養になるかな。今手がけているDBアプリをゆっくり作ろう。
2008.02.02 19:19 | クライミング | comment[0] trackback[0] TOP↑
プロフィール

kenzizi

Author:kenzizi
山登りとクライミングが趣味です。
クライミングは2006年から始めました。もう9年もたつがまだ初心者の域だネ。
最近はボルダリングにはまっている、
 禁煙嵐の吹き荒む中 パイプ喫煙続行中 道具は美しく無いといけないと言いながら 不細工な自作セピオライト(メシャム)パイプで楽しんでいる。バージニアが好き、偶にラタキアも。

☆ 豊田の岩場(仮) [オフィシャルブログ]が開設されました リンクを張っておきます。☆

最近の記事
最近のコメント
カウント
月別アーカイブ
hsd
xxxn
ブログ内検索
リンク
カウンター