FC2ブログ

相楽の森

 今日は仕事が休み、パイプタバコのラタキア系が無くなってしまったのでラグーナのストージハウスへ買いに行った。 
 せっかくなのでついでにZIZIも一緒に相楽の森へ散歩に行くことにすると妻も気晴らしに行くと言う。

 タバコはダンヒル965、飛鳥100g、TLCのラタキア スタンダードがラタキア形 バージニアも欲しかったので探すがTLCのバージニア スタンダードしか無い、仕方ないのでそれにした。せめてマクバレンのバージニアNO1、ダンヒル ロイヤルヨット フレークくらいは置いていて欲しいよね。どこへ行ってもバージニア系は少なくて
困るよ。やっぱ通販かな??

 で買い物を済ませ 相楽の森へ車ですく近くだ。駐車場から15分くらい歩き砥神山へ行く、眼下に蒲郡の町並みとラグーナ、海を隔て田原から渥美半島遠く 伊勢志摩も望める マ絶景といっていいかな?妻は初めて来て喜んでいた、僕とZIZIはちょくちょく来てるのだ。
 役の行者の祠のところも眺めがよく日当たりも良いしベンチもあるのでお弁当にする、今日は遠くは少しかすみ
富士も南アルプスも見えなかったのが少し残念。
 下に岩が見えるので見に行く、残念ながら少し小さいもう1M高ければそこそこのラインが引けそうなのに、マアこんなところに一つあっても仕方ないが、駐車場上にも有るがこれも低い、いずれも花崗岩で豊田から繋がっているのが想像された。

しばらく日向ぼっこをし帰ることとする。
 帰り道の名鉄の高架から南アがかすかに見え?なぜさっき見えなかったのか疑問だった????
ZIZIは疲れたのか車の中で寝息を立てていた。


IMGP1076.jpg
 IMGP5485.jpg
 IMGP5482.jpg
 IMGP5488.jpg

スポンサーサイト



散歩

 昼から天気回復 良い散歩日和だ。

 何時もの台の山から裏へ下り 小学校で出るコースだ。
山道に咲いていた 季節外れのさつき、林道の脇の檜の苗 自然発生だ 何本が大きくなるのだろう、 黄葉し始めた雑木林をバックにした草原のススキ 今年はきりん草(背高あわだち草)が多い  色着いたピラカンサ。 季節は過ぎてゆく。
DSC03825.jpg DSC03826.jpg DSC03827.jpg ピラカンサ



      

ZIZI失踪

 5日の木曜日 少し時間が取れたので ひさしぶりに ZIZIと山歩きにでた。
遠くには行けないので、家から北へ20分 観音山と杣坂を結ぶ稜線へでる枝尾根から山へはいる。
ここは途中に小さな岩稜と見晴らしの良い小ピークに行者様の祠もあり 里山にしては変化もありお気に入りのコースである。稜線まで高度にしてあと100Mと言うところで、突然ZIZIがワンワンと吼えながら、何かを追いかけ始める、何時もは30分もすれば戻ってくるのに 今日はなかなか戻らない、
 しばらくすると鹿がドドドとZIZIの行ったほうから走ってきた、ZIZIも来るかと思ったが相変わらず遠くで吼える声がしている。やがてなき声も止んだ。
日当たりの良いところで待つが戻ってこない、一時間、二時間 経過??山の中で動かずに待つのは辛い、あまり離れずに尾根を登ったり、降りたり、4時まで待つが戻らない。
 ひょっとして 観音山に登る時よく行く財賀寺の仁王門へ降りてしまったのか???。
大急ぎで家に戻り 車で向かう、仁王門で「ZIZI」と叫ぶが やはりいない。入山口へ行くがやはりいない。 もう暗い5時半だ、歩いて行ったのだから夜までには帰ってくるだろうと思い、自宅で待機する。
 結局10時まで起きていたが戻らず、翌日の朝はぐれたところまで行くことにして、戸を少し開けて
就寝、夜にうちに戻ってるかも????
DSC03577.jpg DSC03579.jpg DSC03581.jpg DSC03576.jpg


   
 朝起きると雨そこそこの降りだ、急いで下に行くが帰ってない!!これはいけない。
テントはじめビバーク用品一式を詰め、カッパを着込み出発、6時半過ぎだった。
 登り始めるが 雨がきつい、風もビュービュー吹く、こんな中をZIZIはどうしてるのだろう、不安がよぎる。 昨日のポイントまでゆく、残しておいた食料は手付かず、いよいよ不味い。
 とりあえずベースにすべくテントを張る、風がきついので苦労する、こんな低い山でも稜線では結構な吹きとなるものだ。 体が冷えたので熱いコーヒーを沸かし飲んだらもう少し上のほうまで行ってみよう、と計画を考えたりした。飲み終わり さあ捜索開始と腰を上げると携帯がなる8時15分だった。
 妻が「帰ってきたよ!!」 ホットする、気が抜けてへたり込む「よかった」。
早々に撤収、途中の行者様に無事のお礼をいい慎重に降りる。
 9時過ぎに帰宅、もう体を拭いてもらい乾いた体で寝ていたZIZIは、「あんた遅かったネエ」
というような顔をして僕を迎えてくれた。 ヤレヤレ

 これに懲りて山でZIZIを放すのはやめよう。  それにしても一夜を山で過ごし、雨の中を帰ってきて
 ZIZI君 えらい。 よかったよかった。

きのこ

夕方 ZIZIと台の山へ散歩にいった。
 もう 沢山のきのこが顔を出していた。食べれる物もあるのだろうが
判らないので、写真だけ撮ってみた。
DSC02407.jpg  DSC02406.jpg DSC02388.jpg DSC02390.jpg DSC02391.jpg DSC02395.jpg  DSC02399.jpg DSC02402.jpg